シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

エフェクター講座!バッファー完全マニュアル! 接続順からおすすめの使い方まで!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

こんにちは!スタッフYです!!
冬も近づいて寒くなってきましたね。体調崩していませんか?

今日は、お客様から頂いた疑問の中で多かった「バッファーについて」少しお答えさせて頂こうと思いブログを更新しています!

バッファーって何?

まずはそもそも「バッファー」とは何か。最近ではビジネス用語でも使うみたいですね。(どういう風に使っているかは知りませんが。。。) ただ、楽器業界。特にギターベース業界ではバッファーの定義は違います。少し乱暴な言い方かもしれませんが「インピーダンスを下げる物」と言って問題無いかと思います。 で、そのインピーダンスってなんなの?という話しになります。 それはですね。本店のスタッフが丁寧にブログで説明してくれています。 少し目を通して頂けると合コンなどで女の子と話す話題が増えますよ。(ギターベース女子に限る) アンプやエフェクターのインピーダンスって何? 「そういう横文字とか苦手だ」とか「回路とか興味ない」とか「銀シャリのボケの人、Nothing`s Carved in Stoneのボーカルじゃない?」 という方に僕が噛み砕いて噛み砕いて粉になる寸前で説明します。 「ローインピーダンスになると音質劣化やノイズに強くなるんです。」 あと 銀シャリのボケの人とNothing`s Carved in Stoneのボーカルの人は似てるけど別人です」 この速度で話を脱線していると七草粥食べながらバッファーについてのまとめを書くことになりそうなのでサクッと行きます。

ハイインピーダンスは外部ノイズや音質劣化に弱い!?

パッシブのギターやベースの出力をハイインピーダンスと呼びます。このハイインピーダンスは外部ノイズや音質劣化に弱いんです。 で、ローインピ―ダンスに変換すると音質劣化やノイズに強くなります。 少し乱暴で詳しい方からすれば「おい!」と言われてしまうかもですが噛み砕いた結果なのでご了承ください。怒らないでください。 以前、当店で実験した事あるんです。 100mのシールドケーブルを製作してそのままギターを繋ぐのと先頭にバッファーを入れるのとで音出しをしました。 バッファー無:ノイズ大 音量小 古いラジオから聞こえるギターの音みたいになりました。 バッファー有:普通に使える。特に問題を感じません。 そう、それぐらいの効果があるんです!バッファーと銀シャリについて少し興味が出ましたか??

なぜ全員がバッファーを導入しないのか?

これだけ言うとそんなにいい物なら何で全員入れないの?となりますよね。銀シャリのツッコミは誰に似てるの?ともなりますよね。 使わない人の理由の多くはバッファーを繋いだ音が苦手という場合が多いですね。銀シャリの突っ込みはハマオカモトに似てるって言う人もいるらしいですよ。 バッファーを通してローインピ―ダンスに変換する。回路を通る以上多かれ少なかれ音質は変わってしまいます。 なので変化の少ない物や好みのサウンドが出るバッファーを探すのが吉でしょう。 シールドも短く、使用エフェクターを少なく、ノイズや音質劣化も今はさほど気にならない。という方は無理に使う必要もありません。 この先を読み進めてい頂いても結構ですし、過去のM1勝者に思いを巡らせて頂いても結構です。 で、バッファーを導入するに当たって良く聞かれる質問何ですが 「どこに繋げばいいの?」

エフェクターのバッファーの最適な繋ぎ順とは?

なんともシンプルな質問。繋ぎ順についてですね。 基本的には「先頭」に繋いでください。ギターに一番近い所に繋ぐ感じです。 ただ例外があり、古いデザインのファズやワウペダルの前にバッファーを繋いでしまうと音質が極端に変化してしまう場合が有る為、使ってみてダメな場合は このエフェクターの次に繋ぐのが良いかと思います。 で、たまに聞かれるんですが「最後に繋ぐとどうなるのか」 残念ながら一回劣化してしまった音を後から元に戻すのは難しいんです。人間関係に似てますね。。。 ただ最後に繋ぐことによってエフェクターをオンオフした時に起きるインピーダンスの変化が無くなり音質が安定するという事はあります。 なので、バッファーを導入するのであれば「先頭」又は「先頭と最後」と覚えておきましょう。 最近ではこのようにジャンクションボックスにバッファーが入っている物もあります。

スタッフYがおすすめするエフェクターのバッファーの選び方!

続きまして良くある質問 「オススメバッファーはなんなの?」「どうやって好みのバッファー見つければいいの?」「青いジャケットはどこに売ってるの?」 これまた難しいんですよ。 スタッフY的にバッファーを二分すると 「極力自然な音質」「変わっても良い音ならいいじゃん」 というスタイルの二つに分けられると思っていて。

「極力自然な音質」

を探す場合は好きなシールド一本持って行くと見つけやすいかもしれません。
そのシールドでアンプとギターを繋いだ音を指標に近い音のバッファーを探していくのが良いかと思います。
今まで弾いた中で行くとFreeTheTone製品のバッファーはかなり自然に感じました。(勿論感じ方に個人差有り)

「変わっても良い音ならいいじゃん」
このスタイルの物を探す場合もまずは試奏!
歪みエフェクターを探す時と一緒です。好みの音が出る物を探しましょう。歪みと違いオフにする事が無い事を思うと歪みよりも使用時間が長くなります。
じっくり探しましょう!!
個人的にはカスタムオーディオ製品のバッファーは元気で抜けが良くなる印象。ケンタウルス系のバッファーはミドルが濃くなった様な印象があり好きです。

「青いジャケットはどこに売ってるの?」

知りません。

後はもっとコアな方になるとバッファーを「自作」して好みの物を作る。といった猛者もいます。
グーグル先生に「バッファー 自作」と聞いてみると教えてくれますよ。
簡単な物は非常に簡単な回路で出来ているので自作初心者にもオススメです!冬休みの工作がてらいかがでしょう??

まとめ

さて エフェクター講座!バッファー完全マニュアル! 接続順からおすすめの使い方まで!!長文、脱線しまくり。 本当に申し訳ありませんでした。今後も怒られるまではこの感じで行きたいと思います! でも少しでもバッファー(と銀シャリ)に興味を持っていただけて使用する際のヒントになれば幸いです。

最後まで読んで下さった皆様、本当にありがとうございました!
では!

≪ガクヤ中古楽器店 2nd Line≫
TEL:052-684-6852
≪エフェクターフリークス≫
TEL:052-684-6853
【楽器高価買取!】
●〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目31番12号 2F
Google Maps http://bit.ly/1q6cUGE
営業時間 11:00~21:00 年中無休

スポンサーリンク
スポンサード