シェアする

チューブスクリーマ―使い方から人気の理由まで徹底解説

シェアする

スポンサード

みなさん、こんにちは! エフェクターフリークス スタッフSです~。

本日は、この人たちに登場してもらいたいと思います!

チューブスクリーマ―使い方から人気の理由まで徹底解説

はい、
チューブスクリーマ―(ズ)ですね。

正直歪みとしてはあまり目立つ存在ではありませんが、これを基に製作されたエフェクターがとても多く、通称”TS系”エフェクターとして人気ですね!

ただ、TSって何ぞや? 全然歪まんやんけ! 何でそんな人気なの?という方も多いのではないでしょうか??

という事で、今回は大人のためのチュースク(はたしてこの略し方の人いるのか…?)講座を開きたいと思います!※タイトルに特に意味はありません

まだ僕は子供だ!って人は、親御さんにバレないようにこっそり覗いてね(小声)

そんなもん知ってるわ!という方は、さらっと流して頂けれは幸いです…

一般的なチューブスクリーマー(以下TS)のイメージは?


歪まない


音がこもる


アンサンブルで埋もれる

というイメージが多いのではないでしょうか

あれ?これTS良いところ無くね?って思っちゃいますが。。。

チューブスクリーマーの良いところ(特徴)とは?

このエフェクターの真価は、ブースターという点にあります!

名前にもある通り、元々マーシャル等の”チューブアンプをスクリーム”(ゲインブースト)する為に製作されたエフェクター!

エフェクトの特徴として、歪みが細かく中域がグッと持ち上がるという点があります!

これを上手く利用する事で、めちゃくちゃ使える歪みになるんです!

チューブスクリーマーの使い方

使い方1: クランチに足す

これが最も定番の使い方ですね!
単体では目立たないTSの歪みですが、アンプや足元で作ったクランチにTSを足してブーストする事で、ギターソロ時のゲインを稼ぐ使い方です!

使い方2: 高域/低域をカット

ドンシャリセッティングにした際、音の輪郭はハッキリしますが、その反面サスティンが足りない…という点をカバーする使い方でも優秀です!
TSを使用する事で中域をブーストし、結果的に高域/低域が抑えられてファットな歪みへと変化させる事が出来ます!

使い方3: ハイゲインアンプと組み合わせてかけっぱなし

上記の②と似たような感じでメタル/ハードロック系では定番の使い方ですが、ローが出過ぎる機材のセッティングにおいて、TSをかけっぱなしにする事でゲインを稼ぎつつ、低音を削り音をまとめるという使い方!

これにより、ハイゲインアンプの音抜けの良さは残しながら、サウンドがバラバラになる事無く、聴感上聴こえ易くなります!
TSの歪みが細かいという特徴も、上手く効果を発揮してくれています!

といった感じでTSの使い方はご紹介しましたが、”TS”がどれも同じ音がする訳じゃないんですよ!

チューブスクリーマ―使い方から人気の理由まで徹底解説

TS系のそれぞれの特徴

例えば、TS808はTS系の元祖で、ローゲインでウォームなサウンド!

チューブスクリーマ―使い方から人気の理由まで徹底解説

対照的に、TS9は少しゲインにジャキジャキ感があります!

チューブスクリーマ―使い方から人気の理由まで徹底解説

そして、OD808は特にハイゲインなアンプや歪みと組み合わせると、めちゃくちゃ良い音が鳴ります!

チューブスクリーマ―使い方から人気の理由まで徹底解説

そして、TSを元に製作された”TS系”エフェクターは、

.ゲイン値が高い

.レスポンスの向上

.トゥルーバイパス

.サウンドをミドルに寄せすぎず広い帯域をカバーできる

etc…幅広い方向に進化し、それぞれとても個性があります!(ごめんなさい。種類が多すぎて、紹介しきれません笑)

単体だと目立たなかったTSが、このように進化し人気になるなんて、当時の人は思わなかったのではないでしょうか?
個人的には、TSを踏んだ時の”俺エフェクター操作して演奏してる~”って感が、すごい好きです(抽象的すぎて、申し訳ないっす笑)

まとめ

以上!大人のチューブスクリーマー講座でした!
チューブスクリーマーの使い方から、それぞれの特徴までご紹介しました。
上記のモデルを始め、TS系エフェクターが複数ありますので、ぜひ試奏して試してみてください
エフェクターフリークスの詳しい情報は下記のバナーをクリック!

スポンサーリンク
スポンサード