シェアする

Bondi Effects/Sick As OVERDRIVE【2018年話題のケンタ系オーバードライブ!】

シェアする

スポンサード

みなさんこんにちは!
エフェクターフリークス スタッフSです!

今回は今話題のオーバードライブをご紹介!


Bondi Effects/Sick As OVERDRIVE 22,800円(税込)

話題のケンタウルス系オーバードライブ!
今1番売れているケンタ系エフェクターではないでしょうか?

先日のギタマガ2月号でも紹介されご存知の方も多いと思いますが、これは売れる理由がよくわかるやつですよ!

試奏してまず驚いたのが守備範囲の広さ!
ケンタ系エフェクターでここまでアンプ/竿を選ばず使えるものはほとんど無いと思います。

歪みの質としては少し荒めですがコンプ感が少なく非常に爽やか
結構素直な歪みだと思います。

ゲインがクリーンと連動していてここでミックスバランスが変わります。
ゲインを絞ってしまえばクリーンブースターにもなります。

そしてこのエフェクター1番の特徴は2BANDのアクティブEQでしょう。
非常にツボをついたセッティングでブースト/カットが可能

BASSのEQがあるおかげでシングルPUでもドッシリした太さが確保できます。
ケンタ系特有のキラつきもTREBLEでしっかりと再現でき、ハムバッカ―PUとの相性も良いです。

またトグルスイッチの上下でプレゼンスとロー感がめちゃくちゃ変わります。
このサウンドメイクの幅広さは非常にありがたい…

逆に音作りが難しいと思われるかもしれませんが、正直適当にツマミを上げただけで良い音がします。そこも凄いっすね

ケンタウロスというエフェクター自体、とても癖がありそれを元に製作されたエフェクターも個性的な物が多い中、ここまで素直で癖を抑えたケンタ系は非常に珍しいと思います。

ゆえに少しつまらないと思われる方もいるかもしれません…

昨年から人気が出始め、まだまだ中古市場では在庫が少ないです!。
気になっていた方は是非店頭で試してみて下さい!!

スポンサーリンク
スポンサード