シェアする

ライブハウスでのギターの音作りのコツ ~エレキギター編 Vol.2~

シェアする

スポンサード

ライブハウスでの音作りのコツ ~エレキギター編 Vol.2~

こんばんは!エフェクターフリークス店長Kです!
前回のブログが好評を頂きましたのでもう少しだけ掘ってみようと思います。

沢山いいね頂けると伸びるタイプなのでポチッとお願いします!(笑)

以前イコライジングの話をしました。
ローが客席まで届かず生音がしょぼく聴こえてしまう問題。。。
正直言ってしまうと生音(ステージの上で聞いてる音)と外音(客席で聞こえる音)をPAを使わずに同じ聴こえ方をするのはほぼ不可能です。

前回のブログでオススメした中音をいかに小さく作りモニターから返してもらうのがオススメしました。

↓↓↓前回のブログはこちら↓↓↓

ライブハウスのギターの音作りのコツ ~エレキギター編~
ライブハウスの音作りのコツ ~エレキギター編~ こんばんは!エフェクターフリークスの店長Kです! 皆様ライブハウスでのギターの音...


余談ですが先日某爆音洋楽アーティストのライブを見に行ってきました。
関係者という事で音作りから見学させて頂いたのですが「ギター、ベースの中音小さすぎない?」と思う程小さかったです。

まさかそのままリハーサルも本番も迎えるのかな?
そんなまさか。。。
と思っていたのですがPAを通した瞬間信じられない音圧が!!!!

完全にPAさんもメンバーの音作りを熟知しているのかあれだけ小さかった音が信じられない程の音圧!
「こ、これが完全に一緒に作り上げたサウンドなんだ!」と感動しました。

是非PA環境がある会場ではいつもより小さく作ってみて外の音を聴いてみてほしいです!
もちろん合わなかったり理想の音とは違ったと思えば戻せば良いだけ!
まずは試してみて合えば良いかなと!

それ以外で低音をタイトに聴かせる裏ワザを少しだけ紹介。
「そんなこと知ってるよ!」
と言わずに意外にやっていないのでこちらも機会があれば試してみて下さい!
・JCの縦置き

これは最も手軽に出来てメリットも多いです。
まずはステージとアンプの隙間がなくなるので低音の伝わり方が変わりタイトになります。


それ以外にもメリットは2発キャビはスピーカーの位置が低いので弾いてる位置で聞こえにくい場合がありますが、スピーカーの位置が上がるので聞こえやすくなります。
更に狭いステージでの場所も取らないという理由もあります。
私もJCを使う場合は縦置きにして使う事が多いです!

対バンに「どうしてアンプ立ててるんですか?」と言われたらどや顔で説明して下さい(笑)

・キャビネットのキャスター外し

これもJCの縦置きと同じ理論ですがキャビネットの鳴り方がかなり変わりますね!
ライブハウスによっては外せないものやちょっと大変なんで断られる可能性もあるので仲良くなったらお試し下さい(笑)

・重たいキャビの使用

私はヴィンテージのマーシャルアンプのスタックを使用していますがどうしても客席との距離があるライブハウスでは低音が散ってしまい客席まで行くと音がしょぼくなって困っていました。
好きなギタリストがマーシャルのヘッドにオレンジのキャビを使っているのを見て真似して使ってみたのですが音の違いに驚きました!

低音が急に引き締まってタイトに客席まで届くのです!!

俺の使ってたマーシャルってこんな良い音してたの!?と思うほど!

メーカーを揃えなければ良い音が出ないと思っている方が多いですがそんなことはありません!キャビネットで音はかなり変わるので好みの物を見つけてみましょう!

重たいキャビの最大のメリットは低音の伝わり方ですね。
ベースアンプが重たい理由が分かります。
最大のデメリットは腰をやらかすことです。。。
私もアンプの持ち運びで人生で初めてのぎっくり腰を経験しましたから(笑)

軽くて小さい良い音がするアンプも増えてきていますがライブなので見た目も大事ですよね!笑
スタックアンプが後ろで鳴っているのはやはりギタリストの憧れです!
その辺は持ち運びや良く演奏するライブハウスとの兼ね合いで選びましょう!
箱にあるアンプを最大限に引き出してあげるエフェクターなどもあるのでそちらは是非エフェクターフリークスに相談下さい!

私も最近は腰にダメージが来ているのでレコーディングではマイアンプを使ってライブやスタジオはもっぱらプリアンプです(笑)

音作りに関しては自信あるので是非ご相談下さい!

今回も長いブログを読んで下ってありがとうございます!

引き続きよろしくお願いします!!

スポンサーリンク
スポンサード