シェアする

EarthQuaker Devices/Avalanche Run【音を”崩壊”させる残響モンスター】

シェアする

スポンサード

みなさんこんにちは!
エフェクターフリークス スタッフSです!

当店スタッフが待ちに待った話題のエフェクターが入荷してきました!

EarthQuaker Devices/Avalanche Run  29,800円(税込)

近年話題沸騰!革新的なエフェクターを発表しつづけるEQD製のエフェクター!

個人的にも大好きなメーカーです…

ご存知の方も多いと思いますがこのエフェクター最高にヤバイです。
音も仕様もぶっ飛んでます。

一定のジャンル界隈の方々にはマストで弾いて欲しいっす。

ディレイ/リバーブを複合した同社のDispatch Masterという人気ペダルを強化し進化させた1台!
Avalanche Runは”崩壊””雪崩”の意味です。

2in2out仕様で何より音が良いのは当たり前

リバーブ/ディレイそれぞれにMIXのツマミがあり、ここの調節次第で反響感強いアンビエントな残響にも対応し、MIXを0にすればそれぞれ単独の使用も可能です。

またディレイ部分のTONEがヤバイくらい秀逸なんです!
ここを絞りショートディレイにするとテープエコーっぽさを強調したローファイなサウンド
TONEを上げればアンビエントをより強調する事もできます。

ディレイにはスタンダードなデジタルディレイにリバース、そして出音が遅れ残響するスウェルの3モードがあり、大体のディレイサウンドはカバーしており、
右のスイッチがタップ

Raitoトグルはタップの符割の設定と裏モードとしてエフェクトをOFFにした際の残響音の残り方を設定できます(詳しくはメーカーサイトへ!)

そしてTapは踏み続ける事で”勝手に発振し始めます”

これヤバくないですか(大体の人にはヤバくない)

正直ここだけでも個人的にはごはん1杯食べられるくらいステキな仕様です??

それこそ”雪崩”のような迫力の発振をします。
足を離せば発振が残響しつつ止むので、タイミングを合わせれば意図的に発振をコントロールできるという

このワクワクのてんこ盛り感!

ヤバイ
革新的すぎる
…と思っているところ最後とどめを刺す。

 エ ク ス プ レ ッ シ ョ ン 対 応 という事実

エクスプレッションペダルを接続すればディレイタイムから、MIX量、フィードバック、ディレイモード切り替え、さらにリバーブも同様に選択して操作できてしまうという。。。(逆にエクスプレッション出した方が操作しやすいと思います。)

何と恐ろしいペダルでしょうか。
ディレイ/リバーブペダルとしてやれない事がほとんどないです。

その分消費電力が超大容量だったり、多機能すぎるゆえシンプルな使用方法だと使うのをもったいなく感じたりしちゃいますが(贅沢な悩みよ…)
このサイズにこれでもかと詰め込んだハイクオリティーな仕様

記事の中で”ヤバイ”というボキャブラリーもなにもないワードを大量に使っちゃうくらい説明しづらい最高のサウンドです

当店初入荷!中古もほとんど出回っていません!
是非店頭で試奏してみてください!

スポンサーリンク
スポンサード