シェアする

SiX-DOG店長蟹江が送る いまさら人に聞けないライブハウス出演の道のり ~Vol.2ライブハウスに出たい~

シェアする

スポンサード

【ライブに出たい!】

みなさん、こんにちはこんばんは。
SiX-DOG店長の蟹江(カニエ)です!

さて、今回も愛と勇気の短編小説第二弾。
ライブハウスあるある vol.2始めたいと思います(嘘)

さてさて、第二回目のテーマは【ライブに出たい!】というテーマでいきたいと思います。

▶︎ライブハウスに出演したいバンドはどうしたらいいのか?
▶︎何故ライブをするのか
▶︎ホールレンタルとブッキングの違い?

このような事について、お話しできればと思います。

まず、
▶︎ライブハウスに出演したいバンドはどうしたらいいのか?
というバンドさんは、今すぐ052−931−9655に電話してください!!

困った時は、まず電話!そして相談!手数料は完全無料です!(ジャ〇ネット風に)
全てのご相談にお答えし、その中でお客様に合ったプランニングもさせていただきます!

しかも、今ならキャンペーン対象になりますので、店長蟹江とコメダ珈琲でのマンツーマンレッスンや、一人で試奏しに行くのが怖い人向けに、店長蟹江とエフェクターフリークスへ試奏しに行こう!もやってますのですぐお電話くださいね(笑)

というのは冗談ですが、出演してみたいライブハウスに電話してみましょう!
メールでも大丈夫です!
直接行ってみるというのもアリですが、ライブハウスが営業してる場合は、急なお客さんに対応できないこともありますので、連絡してから行くのがベストですね!

下記に書いたことがバンドマンによく聞かれる事ですねー!

▶︎メールで何を送ったらいいのか
▶︎電話して何を言ったらいいのか
▶︎自分たちの音源(自分たちで作った曲が入ってる)が必要か
▶︎お金はかかるのか
▶︎バンドメンバー全員で行かなきゃいけないのか
▶︎いつ行ったらいいのか

少なくあげてみても、これくらいありますねー

こりゃ今回長くなるぞ……ごめんね。長くなっても最後まで読んでね。

メールの送り方はこちらを見てもらえたらと思います。

こんな感じになるといいですね!
すごく丁寧にメールをくれる方もいらっしゃいます!
書き方がわからんかったのかなぁという方もいますが、とにかくオレらはライブ出演してみたい!と言う熱い気持ちで連絡もらえたら、あとはなんとかなると思います(多分)

電話の際には、
●ブッキング担当の方いらっしゃいますか?という感じで電話をして

そのあと、

●バンド名
●自分の名前

を言いましょう!ライブハウスに出たいということを伝えて
【ライブのできる日を募集している日程】【演奏時間】などの詳細を聞いてみるといいと思います!

その際に、【オリジナルの音源】ありますか?【一度来て】いただけますか?など様々な回答が返ってくると思います。そうなれば、それに合わせて話をするだけで大丈夫です!

レコーディングした音源はないのであれば、スタジオで簡易録音した音源ならあります!
また日程はいつなら伺えます!など話をしてみましょう!(今回すごい真面目に書いてる)

メンバー全員できてほしいというライブハウスもあるかもしれませんが、代表の方だけでも全く問題ないと思います。

いやこれ全然長くならなかったわ!
割と簡潔に、そしてスムーズに書けたと思いますが、いかがでしょうかね?

二回目にして締め切りがすんごいギリギリになっていて、スタッフさんから「そろそろ締め切りですがいかがでしょうか?」と連絡をいただいたということは、内緒の話ですよ?(スタッフKさん、マジすいません。)

ライブハウスに出演することは誰でもできます!お笑いやってる人でも、ダンスで使いたい人も、演劇や発表会的に使いたいという方もいらっしゃいますので、目的をはっきり伝えてライブハウスのスタッフさんと相談するのが、一番早くてスムーズだと思います!

僕はライブハウスに出たいと電話してスタッフさんに会いに行った時に話したことは
【めっちゃモテないんで、めっちゃモテたいんです!自分らよりもカッコよくないバンドとやりたいです!!】って声を大にして言ったことありますからね(超恥)
心配しなくて大丈夫ですよ!僕よりひどいこと言ってる人、まだ会ったことないですからね!(笑)

次回は、実際にあった相談話や、ライブハウスでよくあることについて書いてみようと思っております!
シックスドッグ 店長の蟹江でした!

また次回!


【シリーズ】:SiX-DOG店長蟹江が送る いまさら人に聞けないライブハウス出演の道のり
Vol.1 ライブハウスは怖い?
Vol.2 ライブハウスに出たい
Vol.3 ライブハウスあるある
Vol.4 ライブハウス質問あるある2
Vol.5 エフェクターというものは本当に要るのか!
Vol.6エフェクターというものは本当に要るのか!の続き~


スポンサーリンク
スポンサード