シェアする

MAD PROFESSOR/Deep Blue Delay【トップオブアナログライクデジタルディレイ!】

シェアする

スポンサード

こんばんは!スタッフヒラシマです。

今回紹介するのはMAD PROFESSORの中でも人気のこちら!

MAD PROFESSOR Deep Blue Delay 11,800円(税込)

国内ではMAD PROFESSORと言えばSweet Honey OverdriveやMighty Red Distortionが人気ですが、世界的にはこのDeep Blue Delayも人気とのことです!

回路はデジタルですが、音は正にアナログディレイそのものです…!
サウンドの減衰やモジュレーション感が本当にアナログディレイのようで、温かみがあり、包み込むようなサウンドです。

アナログディレイの中ではIbanezMaxonBOSSの技DM-2のカスタムモードのような比較的クリアなディレイサウンドに近いです。
個人的にアナログディレイが好きでいくつか持っていますが、このDeep Blue Delayはそれらと似た方向性で弾いていて非常に気持ちいいです。
一般的なデジタルディレイのようにクリア過ぎることが無いので、オケに馴染むようなサウンドです。

コントロールはLevel、Delay、Repeatとシンプルなコントロールです。
最大ディレイタイムは450msと特別ロングタイムではありませんが、「ロングタイムでド派手なギターソロを!」というのが似合うようなサウンドの方向性では無いので、全然気にしなくていいと思います。

個人的には短めのタイムに設定して薄くかけっぱなしが気に入りました!
ロックやポップスなど、メロウなギターサウンドを奏でたい時に良い感じにマッチすると思います!

MAD PROFESSOR製品全般に言えますが、決して器用ではないけどそれぞれ独自の色を持っていて、とても音楽的というか想像力を掻き立てられるエフェクターが多く、このDeep Blue Delayも弾いていていろんなフレーズが思い浮かんでくるようなとても楽しくて心地良いエフェクターでした(^^)

現在ではアナログライクなデジタルディレイは様々な種類が出ていますが、自分の中でDeep Blue Delayはその中でも不動のトップだと思っています…!

あ、ちなみに発振もします(唐突)

徐々にフィルターがかかっていくサウンドも本当にアナログディレイのまんまです(笑)
発振サウンドもクールですが、比較的リピートを長めにしても発振しないギリギリの部分で粘ってくれるので、個人的にはそのギリギリのところでディレイ音を重ねまくるのが気に入りました(^^)
というかそれがめちゃくちゃに良かったです(^^)

モダンなディレイのように多機能さはありませんが、シンプルで使いやすく、ディレイ音もスタンダードかつ気持ちのいいサウンドです!

シンプルなペダルディレイをお探しの方、是非!!

スポンサーリンク
スポンサード