シェアする

APHEX/PUNCH FACTORY 初期型【原音重視なベーシストにオススメです】

シェアする

スポンサード

みなさんこんにちは!

エフェクターフリークス スタッフSです

今回ご紹介するのはこちら!

APHEX/PUNCH FACTORY 初期型  8,980円(税込)


ベーシストに人気のコンプレッサー!

その名前から”パンツ”やら”工場”やら非常にダサいユニークなあだ名で呼ばれることもあります。

また見た目が非常にポップなオレンジ色でここも賛否が分かれるポイントです。(僕は超好きです)

この価格帯でも非常に多機能でアクティブの入力切り替えやDI機能があります


パンチファクトリーは光学式(オプティカル)コンプ

音の入力を”光”に一度変換しその光度によって圧縮率が変わるという一件すると面倒な仕様です

しかしその手間のおかげで圧縮に遅延が生まれ、音質や音が圧縮され加工したような感じが少なくかなり自然なサウンドになるわけです。

ツマミはシンプルでDrive(圧縮率)Volume

真ん中のLEDで圧縮量が分かるのでセッティングがしやすいです

DRIVEを上げていくと原音は損なわずもコンプ感と共に音が太くなる印象があります。

アクティブベースにも対応し、入力時に音割れしてしまう事も無いのでしっかり音の粒をそろえつつベース本来の音を太くパンチがきいたサウンドにメイクできる1台。
Driveは結構上げめでの使用がオススメです。


実は僕が学生時代対バンしたメロコアバンドのベースの人がこれ+箱のベースアンプでめちゃくちゃ良い音を出していて、当時の僕は必死になって探し購入したという非常に思い入れのあるエフェクターです(笑)

ベース用コンプの中にはプリアンプのようにがっつり音を加工したり低域を付加し固いサウンドにしたりスラップに特化したりさまざま種類がありますが、こちらはマルチに使える上に定番コンプの中でも見た目の派手さは1番!

かけっぱなしでコンプを使いたいという方には特にオススメです!

是非店頭でお試し下さい!

実はこんなところにメーカの遊び心も…?

スポンサーリンク
スポンサード