シェアする

~僕たちがマルチコンプを好きな6つの理由~ド定番ベース用コンプの魅力や使い方を改めてご紹介!

シェアする

スポンサード

みなさんこんにちは! エフェクターフリークススタッフSです!

突然ですが皆さん”ベース用コンプ”を一つ上げるならパッと思い浮かぶのはこいつではないでしょうか??

EBS MULTI COMP

はい、マルコンですよね~そうくる思ってました~(暴論)

当店でもベース関係のエフェクターの中では間違いなく一番人気

サンズアンプやBass Di+等の定番プリアンプより売れる速度が早いっす。

特にジャズベース+サンズアンプとの相性が抜群でこの3点セットは鉄板の組み合わせでしょう。

幾多のライブでベーシストの演奏を支えてきたこれぞハッピーセットです。

しかしなぜこんなに人気なのか…実は僕も今まで深く考えた事はありませんでした。

という事で今回は

マルチコンプの仕様や使い方や我愛你なポイント(唐突な中国語)を紹介するブログです!


・1 エフェクトの効きがわかりやすいかつカッコいい

昨今、原音を重視しかつ損なわないナチュラル系コンプが台頭してきていますが、マルチコンプ(以下マルコン)はまさにその真逆でエフェクトも音色もガッツリ変わるタイプのコンプです。

3つのモードを選択できサウンドはそれぞれ大きく異なります

・NORMAL

最も原音に対して味付けが少ないがコンプ感は強くパッコンパッコンとしたTHE コンプサウンド

アタック(入力に反応してコンプのかかる速度)が早いため聴感上でも”音潰れてんな~”ってのを最も感じられると思います。
ただ音抜けが良い分少々出音がペラく感じる方もいるかもしれません。

・MB

→マルチバンドの略でその名の通りツマミの加えて内部トリムでコンプ量を低域/高域と別に微調整が可能な竿を選ばずマルチに使えるコンプモード

演奏時やリハ中にスッと調整できないのは難点ですが、3モードの中では一番設定幅が大きいので ハイパワーなPUを積んだベースや控えめ設定で使いたい時にオススメです

・TUBESIM

マルコン最大の特徴と言っても過言ではないでしょう。

ONにするだけで真空管アンプのような倍音感圧倒的な音の太さが出せます。
皆さまが想像される”マルコンの音”はほぼこのサウンドで間違いないでしょう。
ベーシストが欲する一番おいしくかつカッコいい音になります。

コンプとしては異色なほどピッキングに対してのギラギラ感と少々やりすぎなくらい低域の両方が強調されます。

なのでこのモードはコンプと言うよりバッファー””歪まないプリアンプ”だと思います。 個人的にもここが最も愛しているポイントです。

逆にこの音が苦手という方は素直に別のコンプを探されるのが無難です。
癖が強すぎます。


・2 ツマミがシンプル

ここがマルコン最大の利点ですね

エフェクトの設定が非常にカンタンです

ツマミはCOMP/LIMIT(コンプ量)GAIN(音量)のみ。

また上でもご紹介しましたが、MBモードでは内部トリムでコンプ量を調整可能で多機能な面もあります。

多機能なエフェクターは細かなセッティング可能な反面、音作りに時間がかかったり直感的な操作は難しく一長一短な面があります。

その点最大でも4箇所の設定のみのマルコンはやはり操作性がかなり高いではないでしょうか。


・3 ライブで映えるサウンド

そんなやりすぎコンプことマルコンですが、真価を発揮するのはやはりライブでしょう。

もちろんバンドの形態やジャンルによってはこの手のエフェクトが向かないものもありますが、マルチコンプは”ライブ中の存在感”を抜群に出せるエフェクターの一つだと思います。

ベーシストが破綻させる事無く目立てる音のヌケとコシの太さを両立してくれます

レコーディングや宅録に関してのコンプはラック式だったり薄くかかるものに任せましょう(笑)


・4 圧倒的コスパ

これだけ人気な理由の1つとして中古価格が安定しており常に1万前後で購入可能な事も大きいと思います。

ベーシストはチューナー+コンプ+プリアンプ+マルチエフェクタ―くらいで一度足元を揃えると固定される方も多いのでお値打ちに購入できるのもありがたいですよね。


・5 代替がきかない唯一無二さ

そんなこと言っても激安中華系ペダルや他に安いコンプなんてあるじゃんという話なんですが、好みはあれど不思議な事に単体でマルチコンプのサウンドにとって代わるペダルは今のところ無いんですよね。

マルコンの音が欲しい!ってなったらもう買うしかです。


・6 周りがみんな使っている

いや結局結論これかい

…とツッコマれるかもしれませんが、それだけ耳馴染みのあるサウンドって事です。

先輩や好きなベーシストが使ってるからって理由は使うきっかけとして充分ですよね?

そう、それが沼だとは知らずに…


そんなマルコンの個人的オススメセッティングはこんな感じ

モードはもちろんTUBESIMでかけっぱなし
COMPは9時~MAX12時手前まででGAINは原音より少し大きいくらいに調整するのが良いと思います。

やはり出音の色が強い分コンプ感も強いので高めのセッティングだと魅力ごと圧縮されてしまう印象。

他コンプと比べても控え目の設定の方が無難でしょう。

しかしたったこれだけで良い音します

最高ですねぇ・・・

コンプを使うと抑揚が少なく手元で音の粒をそろえられなくなるため演奏が下手になるという方がいらっしゃいます。

確かにコンプレッサーは強くかけすぎるとぬっぺりした出音になるのでそれも一理ありますが、

マルチコンプに関しては

このサウンドが好きなんだからそんなこた知ったこっちゃねーよって話な訳で

ライブでかっこいい音が出したいならとりあえず使いましょうって話なわけです。

ここに関しては異論は受け付けません!


という事で本日のブログはここまで!

販売もそうですが店頭での買取もバシバシ強化中!!

皆様のご来店お待ちしてます!

みんなでマルチコンプの沼に落ちませんか??

それでは!

スポンサーリンク
スポンサード